射的スポーツ

スポーツ競技辞典

スポーツ競技辞典 トップ > 射的スポーツ

射的スポーツを紹介

アーチェリー

アーチェリーは弓で矢を射、標的を狙う射撃競技である。日本語では「洋弓」と呼ぶことで「和弓」と区別することもある。もともと、イギリスやアメリカではポピュラーなスポーツであるが、かつて、日本ではあまり知られておらず全日本弓道連盟によって「洋弓部」として管轄されていた時代がある。現在でも、日本ではアーチェリーよりも弓道の方が競技人口は多い。

アーチェリーは非常に多くの競技形態がある。日本では、主に「アウトドアターゲットアーチェリー」「フィールドアーチェリー」「インドアアーチェリー」の3つが盛んである。その他にも「スキーアーチェリー(ランアーチェリー)」もある。

弓道

弓道は、和弓を用いて矢を射て、的に中(あ)てる一連の所作を通して心身の鍛錬をする日本の武道。古くから弓術として戦術、武芸として発展し、現在ではスポーツ、健康体育の面も持ち合わせている。一方で古来から続く流派も存在し、現代の弓道と共存しながら古流を守り続けている。

射撃

射撃は、遠くの的に銃や弓矢を向け、的を打ち抜くこと。狩猟、戦闘、あるいはスポーツとしてこれを行う。今日では特に、実弾を使う銃で行うものを指すことが多い。夏季オリンピックの競技種目の一つである。ライフルやピストルはアメリカ以外の国で所持するには免許が必要なことが多いが、免許の基準が日本と比べて緩い場合も多く人気競技の一つである。 また、イギリスは日本と同じくらい銃器の所持条件が厳しいが、競技としての認知度は高く、日本に比べれば盛んである。